期間工の再雇用

期間工 満了後

期間工 満了後に再雇用されるためのポイント

投稿日:

期間工 満了後 再雇用について

期間工は有期雇用の仕事です。
最長で2年11ヶ月、フル満了した場合には必ず退職しなければなりません。
高額な満了慰労金も振り込まれ、貯金もたくさん出来た。しかし、また期間工として働きたいという人も多いのではと思います。

期間工ほど稼げる仕事ってなかなか無いですし、寮費無料、水道光熱費無料などの福利厚生を考えると、「お金を貯める」ことに関しては現状では期間工の待遇はダントツに良いといえます。

  • 転職活動をしたが良い仕事が見つからないので、また期間工として働きたい
  • 目的額までもっと稼ぐ必要がある
  • 今のメーカーは居心地が良いので、再雇用してもらいたい
  • 期間工から正社員登用を目指したい

など期間工の満了後、再雇用を目指す理由も色々とあると思います。

この記事では、期間工が満了後に再雇用してもらうためのポイントについてまとめています。

期間工は満了後、再雇用してもらうことは可能です

期間工の再雇用、再応募

期間工は満了後、また再雇用してもらうことが出来ます。

期間工の仕事は大変ですが稼げますし、普通にアルバイトをするよりも貯金を短期間で貯めることが出来ます。

「転職活動をしてみたけれど、良い仕事が見つからない・・・」

「とりあえず、やりたい仕事も無いのでまた期間工の仕事をしたい」

「29歳までは期間工で働いて、ガッツリ起業資金を貯めたい」

期間工は確かに稼げますし、再雇用となった場合「経験者」として経験者手当がでたり、日給も高いところからスタートする場合もありますから、前回よりもさらに稼ぎやすいスタートといえます。

だったらやっぱり、期間工として再雇用してもらってまた働きたい。

そうして貯金1,000万円など貯めた方も多いですね。

大きな声ではいえないかもしれませんが、また借金が出来たので期間工で働いて返済したい、といった人もいるかもしれません。

期間工の満了後、同じメーカーに期間工として再雇用してもらうことは可能です。

ただし、同じ会社で期間工として再雇用してもらうためには6ヶ月の「クーリング期間」を空けなければなりません。

このクーリング期間が期間工の再雇用に関して最初に気をつけなければならないポイントです。

また、他にも同じメーカーに期間工として再雇用されるためのポイントがありますので、順番にみていきましょう。

期間工で再雇用のためには「クーリング期間」を空ける必要あり

契約満了してから同じ会社に再雇用をしてもらうためには、クーリング期間を空けなくてはならないと定められています。

2年11ヶ月、フル満了した後に例えば再びトヨタ期間工として働きたい、と思ってもクーリング期間を6ヶ月以上空ける必要があります。

これは、労働契約法で雇用期間が3年を超えると正社員として扱わなければならないという決まりがあるためです。

2年11ヶ月で退職して半年以上経てば経歴がリセットされ、同じ企業で期間工として採用しても法的に問題なくなるということになります。

高待遇のトヨタ期間工として2回目の満了を目指したい場合には、必ずクーリング期間を空け必要があります。

クーリング期間を知らずに応募しても採用してもらうことは出来ませんので、注意が必要です。
ではこのクーリング期間は、どれくらいの期間が必要になるのでしょうか。

前回の契約期間ごとクーリング期間

クーリング期間は前回の契約期間ごとに異なります。

調べたところ、次のようにクーリング期間が定められています。

直前の有期労働契約期間 クーリング期間
1年以上 6ヶ月
10ヶ月超~1年未満 6ヶ月
8ヶ月超~10ヶ月以下 5ヶ月
6ヶ月超~8ヶ月以下 4ヶ月
4ヶ月超~6ヶ月以下 3ヶ月
2ヶ月超~4ヶ月以下 2ヶ月
2ヶ月以下 1ヶ月

クーリング期間の上限は6ヶ月です。

こうしたクーリング期間の定めがあるため、再雇用してもらいたいと思っていたとしても6ヶ月以上を空けなればなりません。

2年11ヶ月満了した以外でもクーリング期間があることには注意が必要です。

退職したけれど、給料も良かったし働きやすかったのでまた再雇用してもらいたい、と思ってもクーリング期間を待つ必要があります。

そのため、満了後の選択肢として、

・違うメーカーで期間工として働く
・失業保険の支給を受けたりしながら、クーリング期間が過ぎるのを待つ

といった方が多いようです。

フル満了している方ではなくても、1年満了といった期間であってもかなりお金が貯まっていることが予想されます。

その資金を元手に海外旅行や留学をしたり、今まで忙しかったから、と気ままに過ごしたりも可能ではないでしょうか。

期間工として再雇用されるための条件

期間工の再雇用は経験者として「日給が上がったり、経験者手当が支給されたり」する場合もあり、有利に働けるメーカーが多いです。

そのため、引き続き期間工として働いて稼ぎたいと考えている方の場合には、再雇用を目指す方も多いと思います。

期間工として2回目、3回目と再雇用してもらうためには、

  • 1年以上などの期間で満了している
  • 遅刻・早退・欠勤が無く勤務態度が良い
  • クーリング期間が過ぎていること

といったことなどを満たすことが必要です。

2回目、3回目の勤務を希望する場合、以前の勤務状況が会社に履歴として残されています。

そのため、以前の勤務態度などが悪いといった評価を受けている場合には、不採用になる可能性はあります。

再雇用にあたっては経験者であることは有利にはなりますが「出来るだけ長期間、働くことが出来て、真面目に仕事に取り組んでくれる人を採用したい」ということは変わらないといえます。

期間工、満了後の再雇用が難しい人

直前の労働期間によってクーリング期間も変わってきますが、その後の再雇用を目指すにあたり、再雇用が難しい人は次のような人となります。

  • 遅刻・早退・欠勤が多かった
  • 勤務態度の評価が低い
  • 短期満了(3ヶ月、6ヶ月)で退職
  • 期間満了前に退職している

といった人は、採用されない可能性はあります。

期間工として採用したいのは、長く真面目に働いてくれる人ですから上記のような履歴がある人は不採用になるになる可能性が高いと言えます。

ただし、人手不足の場合には採用される可能性もありますので、ダメ元で応募してみるのもありといえそうです。

不採用になった場合には、違うメーカーの期間工として働くのは問題ありません。

期間工経験者として採用されやすくなっているでしょう。

期間工に再応募する際も派遣会社経由がおすすめ

以前に働いていたメーカーの期間工求人に応募する場合も、派遣会社経由がおすすめです。

その理由は、やはり入社祝い金(派遣会社からの)がもらえるメーカーの求人が多いためです。

念のために1回目の派遣会社と変えて期間工求人に応募されることをおすすめします。

入社祝い金は派遣会社から支給されるお金となりますので、派遣会社を変えることで入社祝い金を貰うことが出来ます。

1回目にアウトソーシング(期間工.jp)経由で入社した場合には、日総工産を経由して応募、といったようになります。

⇒ アウトソーシング(期間工.jp)

日総工産の求人サイトはこちら↓

⇒ 工場系お仕事情報サイト【工場求人ナビ】

最大手アウトソーシングに負けず劣らず、大手メーカーの求人が掲載されています。

-期間工 満了後
-,

Copyright© 期間工 短期で稼ぎたい人おすすめメーカー , 2020 All Rights Reserved.