期間工 受かりやすい時期

期間工になる

期間工 受かりやすい時期ってある?

投稿日:

期間工 受かりやすい時期

期間工に受かりやすい時期があります。

期間工の求人は一年中見ますし、採用されやすいイメージがあるかもしれません。

しかし、期間工最大手アウトソーシングをまずご覧になってみてください。

入社祝い金も高額、6ヶ月以降の満了慰労金も高く稼ぎたい人におすすめトヨタ。
アウトソーシングはトヨタ期間工の内定率は業界トップですが、内定率76%です。

短期も長期も期間工として稼ぎたいならトヨタ期間工はおすすめですが、不採用になる人も多いと言えます。

しかし、期間工が受かりやすい時期に募集に応募することによって、通常時期よりも採用されやすくなります。

すぐ期間工として働きたい方は、受かりやすい時期を狙うのも手です。

入社祝い金が高額な期間工おすすめ派遣会社についても、ご紹介しています。

期間工に受かりやすい時期に応募するメリット

期間工になって稼ぐ、短期で稼ぐことができる期間工は目的があってお金を貯めたい方にはピッタリの仕事といえます。

頑張れば期間工3ヶ月で貯金100万円です。
3ヶ月で100万円近いお金が手元に残る仕事って、なかなか無いと思います。

しかし、期間工は誰でもいつでも採用される訳ではありません。

出来れば、トヨタ、スズキ、日産、スバル、マツダなど大手自動車メーカーを始め、残業が多く稼げると言われるアイシン・エイ・ダブリュなど落ちずに採用されたいですよね。

不採用の結果が出るまで時間がかかるメーカーの場合、早く働きたいのに待機期間があり、さらにまた仕事探しをしなくてはなりません。

期間工に受かりやすい時期を狙うことによって、希望メーカーの期間工として働きやすくなります。

期間工の仕事で不採用が続くと、期間工にすらなれないのか・・・といったショックを受けるかもしれません。

「とにかくすぐに期間工として働いて給料をもらわないとまずい!」

といった事情がある場合は別ですが、そうではない場合。

期間工に受かりやすい時期を狙い、求人に応募してみるのもおすすめです。

期間工が受かりやすい2つの時期があります。

定期的な募集、そして不定期・臨時の大量募集の時期です。

期間工求人が増える、定期募集の時期は採用されやすい時期

期間工に受かりやすい時期はズバリ、求人が多い時期です。

それだけ、

「期間工を採用したい」

ということですからね。

  • 3月~5月
  • 9月~11月

といった時期は、定期的に期間工求人が増える時期となります。

契約満了で辞める期間工も多い時期とも重なるため、メーカーは多くの期間工を採用する必要があります。

そのため、大量募集される時期です。

そうなると人を確保するために採用基準も少し緩くなり、比較的、受かりやすいといえます。

同期入社が多い時期にもなりますので、コミュニケーションも取りやすいのではないでしょうか。

不定期、臨時採用の時期も受かりやすい時期ですが注意が必要

生産量が増えると、それに合わせて臨時採用が増える時期もあります。

生産が追いついていない場合が多いため、とにかく期間工を集める必要がある、ということになりますので採用されやすい時期です。

採用基準も甘くなっているといわれ、採用されやすい時期となります。

しかし、臨時募集は採用されやすいですが、短期間だけの人手確保の意味合いが強く契約更新が出来ない可能性があることです。

期間工として長く働いて稼ぎたい、といった場合には他のメーカーを改めて探す必要があります。

期間工への応募は、入社祝い金が高額な派遣会社経由がおすすめ

期間工への応募ですが、高額な入社祝い金がもらえる期間工求人が多い派遣会社を経由してがおすすめです。

入社祝い金とは、期間工に採用されると派遣会社から支給されるボーナスのようなものです。

中には40万円、50万円といった高額な入社祝い金がキャンペーンとして支給されるメーカーもあります!

月収以上のお祝い金が支給されると、給与明細を見てテンションが上がるはずです。

総支給額60万円とか、いきなり普通はありませんよね。

ただし、入社祝い金の金額はメーカーにより異なりますし、その時々で金額が減ったり、無くなってしまったり、といったこともありますので注意が必要です。
最近だと、入社祝い金が高額なのは、

  • トヨタ自動車
  • 日産自動車九州
  • 日産車体九州
  • スバル

あたりです。

アイシン・エイ・ダブリュや日産車体なども入社祝い金は高額になっていることが多いですね。

仕事内容、年齢、経験などに合わせて応募先のメーカーを考えてみることも必要な方もいるかもしれません。

その場合、派遣会社の担当者に相談されると、受かりやすい期間工求人を紹介してくれます。

特に未経験、年齢が高い人は不採用になる可能性が上がってしまいます。

⇒ 期間工最大手アウトソーシング

などに相談されることをおすすめします。

期間工、何歳まで採用されやすい?

期間工に受かりやすい時期、ということで紹介していますが、それ以前に採用されやすい年齢もあります。

公表されていませんが、何歳以上は採用しない、という基準がある会社もあるようです。

期間工への応募は基本的には若い人ほど有利です。

20代は体力がありますので、歓迎されることが多いと言えます。

しかし、バックレ率が低いのは既婚者とも言われます。
30代でも既婚、養う家族がいると辞める選択肢は無く、キツくても粘り強く満了まで働く、複数回、期間満了して稼ぐ人も多いそうです。

未経験から期間工への応募であれば、若い方が確実に有利と言えるでしょう。

採用されにくいのは、30代後半、40代、50代と年齢が高くなってくる人です。

期間工の仕事は体力勝負。
未経験者は特に、年齢が高くなるほど採用が厳しくなっていきます。

そのため、未経験の方が採用されるには採用基準が甘くなる定期募集、臨時募集を狙うことが重要になってくるといえます。

それか、派遣会社に今の年齢でも採用されやすいメーカー、ということで相談することをおすすめします。

長く働くほど稼げる期間工の仕事

経験者手当が各自動車メーカーに設定されているくらいですから、期間工として働いた経験がある人は優遇されます。

スムーズに業務に入ることが出来るからですね。

長く働けば働くほど日給が高くなり、手当も付き、満了慰労金も高くなる。
その傾向が強いのがトヨタ自動車です。

長く働くほど稼げるトヨタ自動車は、特に希望のメーカーが無い方はまず受けてみることをオススメします。

トヨタ期間工は稼ぎたい方におすすめです。

未経験者が期間工になるための採用率を上げるには

期間工未経験者は、経験者に比べて受かりにくいといえます。

20代であれば優遇されることが多いですが、30代と年齢が上がるにつれて未経験者は不採用になる確率も上がってしまいます。

期間工未経験者が採用されるには、ポイントがあります。

そのポイントをクリア(対策)するには、各メーカーにある選考基準を知る派遣会社を利用する方法がおすすめです。

面接でNGな答え方、アピールできる志望動機、履歴書の添削などアドバイスをもらうことで採用率を上げることが出来ます。

30代後半、40代、50代の未経験の方などは、その上で採用されやすい時期に応募出来ると期間工として働きやすいでしょう。

派遣会社を経由して期間工求人へ応募する担当者から採用されるためのアドバイスなどをもらえます。

(希望メーカがどうしても厳しい場合には、他の期間工を勧められる可能性まおります)

派遣会社を経由することで、高額な入社祝い金も貰えます。

稼げる期間工の仕事を始めるには、派遣会社の利用がおすすめです。

中でも、入社祝い金が高額な求人が多いアウトソーシングがおすすめです。

⇒ 【高額な入社祝い金あり求人多数!】期間工最大手 アウトソーシング

-期間工になる
-,

Copyright© 期間工 短期で稼ぎたい人おすすめメーカー , 2020 All Rights Reserved.