期間工 募集時期、おすすめ入社時期

期間工になる

期間工 募集時期、おすすめ入社時期について

投稿日:

期間工 募集時期

期間工には採用されやすい募集時期があります。

基本的に期間工として働くには若く健康であることが重要になりますが、期間工が採用されやすい募集時期に応募することで、未経験から期間工として働きたい場合、年齢が高め、といった方も採用されやすくなるといえます。

時期的にこうした募集時期が近い場合には、面接を受ける時期を少し待ってみても良いかもしれません。

また期間工として働く場合、働きやすい時期もあります。
始めて期間工として仕事に就く場合には、出来るだけ働きやすい時期に入社すると良いかもしれません。

契約期間を満了する前に退職、となるのは避けたいですよね。

期間工の採用募集が多くなる時期、入社におすすめの時期をご紹介しています。

期間工の年収

期間工はお金を貯める、貯金をする、といった場合には現時点では最適ともいえる仕事です。

特に高待遇なのは自動車メーカー、および関連メーカーの期間工でほぼ全ての工場で寮が完備されています。

寮費無料、水道光熱費も無料です。

そのため期間工として働く間の生活費を安くすることができ、普通に一人暮らしでアルバイトや派遣社員、契約社員として働くよりも多くのお金を貯めることが出来ます。

期間工の年収が高いことも多くの貯金が出来る理由となります。

学歴不問、未経験から働き始めて1年目から年収400万円、勤務するメーカーによっては年収450万円(残業が多ければ年収500万以上稼げる場合も)を稼げることも、大きな魅力となっているのではないでしょうか。

生活費を非常に安く抑えることが可能ですので、期間工として1年で200万円~300万といった額を貯金として残すことも出来ます。

事情があってお金を稼ぐ必要がある。
ブラック企業の正社員として働いていたけれど限界・・・辞めて期間工で短期で稼ぎきって海外を放浪したい!
企業のための資金を集めたい。
学歴は無くてもお金を稼ぎたい。

といった場合には、期間工はおすすめの働き方といえます。

期間工は有期雇用の不安定さには気をつける必要がありますが、期間工は稼げるのは事実です。

期間工が採用されやすい募集時期について

一年中募集されているイメージのある期間工ですが、募集が少ない時期もありますし、募集停止の時期もあります。

募集が少ない時期は経験者優先で採用される傾向が強いため、年齢のが高い方、期間工未経験の方は多くの面接を受けてもなかなか採用されない可能性があります。

期間工が採用されやすい募集時期があります。

  • 3月~5月
  • 9月~11月

といった時期は契約満了する人が多い時期となるため、定期的に期間工求人が増える時期となります。
昔からこの時期は多くの期間工が採用される時期のため、満了する人も多い時期となります。

そのため、多くの採用人数が見込まれます。

他には臨時、不定期に募集がかかることもあります。

例えば、

・人気の車種が出た場合

などは生産が追いつかないため、人手(期間工)を増員して生産増強を図ることがあります。

また、滅多にないケースではありますが消費税の増税前に高額な車を買っておこうと、駆け込み需要が発生した場合も生産が追いつかないこともあります。

そうした場合にも、期間工が臨時に多く募集される事になります。

期間工の入社時期

期間工の入社時期は、基本的には募集されている時期ならいつでもとなります。

しかし、働きやすさを考えた場合にはおすすめの入社時期があります。

せっかく期間工として入社したのに、仕事が辛すぎて期間満了前に退職してしまうと、そのメーカーのブラックリストに載ってしまい、今後採用されなくなります。

そうしたリスクを避けるためにも、働きやすい季節・時期を選んで面接を受ける、といったこともお考えになってみても良いかもしれません。

期間工 おすすめ入社時期

期間工の仕事がキツイ時期があります。

それは「」です。

7月、8月と気温が上がってくる夏場は、外も暑いですが工場内も非常に温度が上昇します。

部署にもよりますが、熱中症になる期間工が続出する時期です。

特に暑さでキツイと言われるのが、塗装、鋳造・加工といった部署で働く場合です。
(夏はどの部署でも大変のようではありますが・・・)

期間工の仕事が大変なのは仕事に就いて1,2ヶ月といわれ、この期間を乗り切ることが出来れば続けられる人が多いと言われます。

仕事に慣れていない時期に暑さが加わると、期間工の仕事が耐えられない可能性が高くなります。

実際、夏は辞める人も多くなるようです。

初めての期間工の仕事、慣れるまでは辛くない時期が良いな・・・といったことであれば、「季節的に働きやすい時期」がおすすめです。

働きやすい時期に期間工として入社する

キツイ、といわれる期間工の仕事。

期間工の仕事は夏の暑さ、冬の寒さがとても厳しいといえます。
特に多くの方が共通して言うのは夏の辛さです。

「期間工の夏は地獄」

7月、8月に入社すると、不慣れで緊張し汗もかきやすい状況に加えてこの暑さ、熱中症になりやすいといえるでしょう。

暑さでぼーっとすると余計に仕事が覚えられません。
ミスも増えてラインを止めてしまうかもしれません。

体力勝負の期間工の仕事ですから、一度熱中症などで体調を崩すと、早退・欠勤せざるを得ないことにもなりかねません。

そうなると皆勤手当はもらえませんし、満了慰労金にも影響があるかもしれません。

稼ぎたいから期間工になったのに、収入がいきなり減るという現実もあり、期間工を辞めたい・・・となる可能性があります。

7月、8月に入社する場合には、覚悟を決めて働き始めることが必要といえそうです。
少しずらして涼しくなり始める秋から期間工として入社することが出来るのでしたら、その方が良いかもしれません。

働きやすい時期に仕事を覚えることが出来れば、慣れている分まだ次の夏の暑さも乗り切りやすいのではないでしょうか。

少しでも働きやすい時期として、5月、9月頃が入社時期としておすすめです。

期間工 募集時期、まとめ

一年を通してどこかのメーカーでは期間工が募集されています。
全てのメーカーで期間工の募集が停止される状況は今はまだ考えにくいです。
(リーマンショック級の不況、大幅な販売低下などがあれば別ですが)

期間工の募集があれば人が足りていない、ということになります。

基本的に20代の方までは採用されやすいです。
若さは仕事探しにとっては本当に武器ですね。

30代前半も採用されやすいと言われます。

しかし、それ以上の年齢になってくると不採用になることも増えてくるため、生活のため、資金集め、借金返済のために期間工の仕事に就きたいと考える方にとっては不利な状況といえます。

しかし、先ほどもあったように大量募集の時期には採用基準が緩くなる傾向があり、健康状態に問題が無ければ年齢が高い方、未経験者も採用されやすくなるため応募のチャンスと言えます。

大量募集の時期は、時期的にはある程度決まっていますので、その時期に向けて他の仕事をしているのであればスケジュール調整などされると良いかと思います。

ただし、今すぐお金が必要な状況の場合には、募集時期を待っている余裕も無いと思います。
今募集がかかっているメーカーの中で、好条件、働きやすい、入社祝い金が高額、といった中から応募されることをおすすめします。

働きやすさで入社時期を考えると、時期的には5月、9月。

4月入社で入社祝い金が高いなら応募を検討してみても良いかもしれないです。

4月に入社すれば夏本番が来る前に仕事を覚えることが出来ますので、多少は乗り切りやすいといえるでしょう。

期間おすすめ求人サイト

⇒ 【高額な入社祝い金あり求人多数!】期間工最大手 アウトソーシング

期間工の求人を探すなら高額な入社祝い金が多い、業界最大手のアウトソーシングがおすすめです。
内定者実績も業界No.1です。

-期間工になる
-,

Copyright© 期間工 短期で稼ぎたい人おすすめメーカー , 2020 All Rights Reserved.