期間工のメリット・デメリット

期間工になる

期間工のメリット・デメリット

投稿日:

期間工 メリット・デメリット

期間工(期間従業員)で働く最大のメリットは「短期間で高収入が得られる」ということです。

稼げるメーカーで働き、期間工としての契約期間を満了すれば3ヶ月で100万円近いお金を貯金することも可能です。

期間工が稼げる大きな理由は、満了金です。
そして近年は高額な入社祝い金が支給される自動車メーカー、部品系メーカーも増えてきました。

入社祝い金45万円!そして満了金、さらに普段の生活費を抑えることが出来る期間工の働き方で、貯金が普通のアルバイトと比べてすごい勢いで増えていきます。

ただし、期間工として働くデメリットもあります。

この記事では、期間工として働くメリット・デメリットについてまとめています。

期間工のメリット・デメリットを抑えて、入社祝い金が高額貰えるお得な派遣会社経由で期間工求人に応募される方法がおすすめです。

短期間で稼ぎたい、資金を稼ぎたいなら期間工は有利

期間工は、稼げます

300万円、500万円の貯金が出来た。
それを元手に海外旅行した、起業した、といった方もいます。

2年11ヶ月満了で貯金を1,000万円貯めた、という方もいます。

期間工は寮費無料、水道光熱費も無料、食費補助あり、他各種手当てあり。

仕事は大変(楽と言われる部署もあり)で、辞めとけ、と言われることもありますが短期間でこれだけお金を増やしやすい条件が整っている仕事は無い、といえるでしょう。

期間従業員ですから、雇用の安定性という点ではデメリットもありますが、圧倒的に貯金しやすい環境があります。

しかも、期間工未経験者でも1年で数百万円の貯金が可能です。

受かりやすい時期に選考を受ければ40代、50代も採用される可能性があります。
入社祝い金もあり、初月から月給が高いこともそうですが、多くのメーカーでは長く働けば働くほど稼げる仕組みにもなっています。

特に高額な収入が得られるのはトヨタ期間工です。

また、体が慣れれば未経験から初めても期間満了することができ、高額な満了金を手にすることが出来ます。

期間工のメリット・デメリットには何がある?

期間工として働くメリット・デメリットについてみていきましょう。

デメリット以上にメリットがある、と思える方はまずは短期間、期間工として働いてみて続けられそうだったら契約期間を更新してさらに稼ぐ、ということも可能です。

期間工のメリット

期間工として働くメリットです。

メリットがあるからこそ、キツイ期間工の仕事も常に需要があります。

長く働いてかなり稼いでいる人もいます。

期間工は給料が高く、生活費が少ない!

期間工で働く最大のメリットは、

お金が稼げる!

ということです。

期間工の仕事を選ぶ方の多くは、年収の高さ、多くの貯金が出来ることに魅力を感じていると思います。

期間工は給料の手取り額も高いです。

残業の具合にもよりますが、社会保険や税金など天引きされて手取り25万円~30万

食費やスマホ代、飲み代など払ったとしても20万円以上貯金出来る月も多くあります。

期間工の仕事に慣れてきて休日にグルメ、観光などでお金を結構使ったな!と思っても貯金が出来ないほど散財することもないでしょう。

寮費無料、水道光熱費も無料、という威力は大きいです。

手取り給料が多くても、家賃や水道光熱費、食費で給料のほとんどが消えていく・・・という生活では貯金は無理です。

毎月1万円貯金出来たら良い方。

それに対して、期間工は毎月15万円~20万円以上の貯金が出来る月もあります。

生活費を大きく節約できて給料のほとんどを貯金出来る、結果、貯金がすごい勢いで増えていく。

それが期間工として働く最大のメリットといえるでしょう。

様々な手当で期間工は高収入

期間工は毎月の手取り給料も高いですが、他にも色々な手当がありさらにお金が貯まる仕組みになっています。

以下に加えて、最近の期間工募集では入社祝い金がある場合が多いです。

  • 赴任手当
  • 食事補助
  • 契約更新手当
  • 皆勤手当(トヨタは満了報奨金)
  • 満了慰労金

こうした手当があることが、期間工が大きく稼げる理由となります。

短期間での契約期間であっても、期間満了すれば退職金ともいえる満了慰労金が支給されます。

これが期間工の収入として大きいといえます。

誰にでも出来る仕事内容

期間工の仕事は基本的に単純作業です。

体力的にキツい部署、楽な部署といった違いはありますが、基本的には誰にでも出来る仕事内容となります。

仕事を覚え、体が慣れさえすれば後は簡単、という期間工経験者は多いです。
(慣れたことでかえって日々の仕事に悩んでしまい、辞めてしまうケースもあるようですが・・・)

期間工は稼ぐための仕事、と割り切って期間満了を目指すことが必要かもしれません。

学歴不問、未経験者歓迎

期間工の仕事はメーカー求人を見ると、学歴不問、未経験者歓迎です。

中卒でも高卒でも働くことが出来ます。

ただし、体力的にキツい仕事も多いため若い人が優遇されます。

期間工経験者であれば、40代以上の方も採用されるケースは多いといえます。

しかしメーカー側が期間工を多く必要とする時期には大量募集がかかり、未経験の40代、50代も採用されやすい時期になるということがよく言われます。

実際、採用基準も甘くなりがちなこの時期は、未経験の方も普段以上に採用されやすい時期となります。

正社員登用あり、大手自動車メーカーの正社員になれる可能性

期間工から正社員登用の道もあります。

学歴を考えると、普通のルートでは正社員就職は難しい大手自動車メーカーの正社員にもなれる可能性があります。

トヨタ、マツダ、スバル、ホンダなど正社員登用があります。

安定した自動車メーカーの正社員登用を目指して頑張りたい、という方も多いのではないでしょうか。

期間工のデメリット

期間工のデメリットをみていきましょう。

ただ、デメリット以上に稼ぐことが出来る仕事ですから、思い切って働いてみて、結果として長く働き大きく稼ぐ人も多いです。

期間工の契約期間に上限がある

期間工の契約期間は、最短3ヶ月、最長2年11ヶ月が区切りとなります。

期間従業員ですから、雇用期間が決まっているのは仕方ありません。

しかし期間工を募集しているメーカーはたくさんありありますし、経験者として次の仕事は見つけやすくなっています。

中には正社員登用される人もいます。

期間満了して多額の満了金を手にし、次の生活に進む方も多いです。

契約期間があるのは仕方のない事ですから、期間工として働いている間に、次をどうするかといったことは考えておく必要はあるでしょう。

アウトソーシング(期間工.jp)など派遣会社に登録をして期間工として働く場合には、担当者が事前に仕事を紹介してくれます。
そのため、メーカーを変えたい場合や、空白間をあけずに期間工の仕事を続けたい場合には新たに求人探しをしてもらうことが出来ます。

期間工の仕事は慣れるまでは体力的、精神的に大変

期間工の仕事は慣れるまでが大変です。

仕事自体は単純労働ではありますが、担当する作業によっては精神的にも非常に疲れます。

ライン作業のため、ミスをすると全体の工程が止まってしまいます。
周りを巻き込む、というプレッシャーの大きさに参ってしまう人も。

タイムを計っての研修があるのも納得です。

仕事に慣れると、今度は仕事の単調さとがキツくなってきます。

黙々と同じ作業の繰り返しです。

しかしだからこそ、誰にでも出来る仕事といえます。

今月の給料が振り込まれたら、何を食べよう、どこに観光に行こう。
目標額が貯まったらこうする、など想像をしながら仕事を乗り切る人は多いといえます。

夜勤もありますから、睡眠時間を上手くコントロールできずに体調を崩すきっかけになりやすいので注意が必要です。

初めての期間工、という場合には最初のメーカーがとても重要です。
トヨタ自動車は最初は正社員がサポートしてくれます。

安全第一のために無理をさせることもありません。
ホワイト企業といえます。

業界トップクラスの収入も魅力と言えます。

⇒ トヨタ自動車 期間工募集ページはこちら

仕事のやりがいが無い

期間工の仕事で一番キツイと感じたのが、

「仕事のやり甲斐が無い」

ということ。

「スキルが何も身に付いていないことに落ち込む」

といったことを挙げる期間工経験者は多いです。
日々、同じ作業を繰り返すことになります。

2年11ヶ月、同じ工程を繰り返します。
しかし、給料は良いです。

仕事を終えた後の楽しみ、貯金が増える楽しみ、期間満了したらどんなことをしようか、といったことを考えながら、契約期間を乗り切ると良いかもしれません。

寮が選べない

期間工として働く場合、基本的には寮に入って生活する人がほとんどでしょう。

自宅が工場近くで自宅通勤、という人もいるとは思いますが全国から色々な事情で期間工になる人も多いです。

最近の寮は個室も増え、プライバシーも確保しやすくなりましたが、まだまだ相部屋寮のところもあります。

洗濯機、風呂、トイレなど共有スペースが多い寮もたくさんあります。

こうした寮生活を大きなストレスに感じる人は多いのではないでしょうか。

寮は基本的には選べず、どんな寮に入ることになるか分からないこともデメリットに挙げられるでしょう。

快適な寮には入れれば、一人暮らしよりも断然良い!という感想になります。

期間工が向いている人は?

期間工のメリット・デメリットについてみてきました。

デメリットもありますが、稼ぎたい人には期間工の仕事は向いていると言えます。

色々な働き方、仕事がありますが未経験から始めて、短期間でもこんなに高収入を稼ぐる仕事は無い、といえるのではと思います。

【期間工の仕事に向いている人】

  • とにかく稼ぎたい、貯金したい人
  • 黙々と働くのが得意、単純作業がそれほど苦ではない
  • 体力には自信がある
  • 寮生活(もしかしたら相部屋)も大丈夫

期間工の仕事は稼げます。

普通に就職した同年代の会社員、平均年収よりも断然稼げて手元にお金が残るといって良いでしょう。
給料の手取りのほとんどを貯金に回す事も可能です。

学歴、職歴も関係無しです。

人生逆転のために期間工の仕事を始める人も多いですし、資金を貯めるために期間を決めて期間工で働く人もいます。

期間工になるなら、派遣会社経由が大きなメリットあり

稼げる期間工の仕事を始める場合、派遣会社経由がおすすめです。

その理由は高額な入社祝い金がある期間工求人が多いためです。

入社祝い金45万円、50万円!といった場合もあります。

メーカーが人手確保したい時期などは、入社祝い金も高額になる傾向がありますよ。

ぜひ最新の入社祝い金など待遇を比較してみてください。

アウトソーシング(期間工.jp)

期間工の求人紹介なら最大手のアウトソーシング経由が、入社祝い金も高額な求人も多くおすすめです。

-期間工になる
-,

Copyright© 期間工 短期で稼ぎたい人おすすめメーカー , 2020 All Rights Reserved.